文字サイズ

サイト内検索
ページトップ

ウェブサイト掲載内容に関するお問い合わせ

お問い合わせ先:三重県立図書館 メール:mie-lib@library.pref.mie.jp
電話:059-233-1180(代表) ファクス:059-233-1190

携帯サイト

All Rights Reserved, Copyrightc Mie Prefectural Library

企画

 
展示情報(企画) >> 記事詳細

1994/10/07

第1回企画展「三重の文学者10人展」

| by システム担当者

荒木田守武

(1473-1549) 伊勢国宇治出身。連歌・俳諧作者。
伊勢神宮の禰宜職をつとめなから、連歌や俳諧をたしなんだ。「俳諧の始祖(俳祖)」といわれる。『世中百首(よのなかひゃくしゅ)』『俳諧之連歌独吟千句」など。

松尾 芭蕉

(1644~1694) 伊賀国上野出身。俳人。
29歳で処女作『貝おほひ』を上野天満宮に奉納、江戸に下る。生涯の多くを旅で過ごし、『笈の小文』『おくのほそ道』などの俳文・紀行文を残した。

本居 宣長

(1730~1801) 伊勢国松阪出身。国学者。
商家に生まれ、28歳で医師を開業、かたわら国学研究に励んだ。35年の歳月をかけた『古事記伝』のほか、『詞(ことば)の玉緒(たまのお)』『源氏物語玉の小櫛(おぐし)』など。

佐佐木信綱

(1872~1963) 鈴鹿郡石薬師村出身。歌人・国文学者。
父弘綱の志を継ぎ、作歌および後進育成に当たるとともに、歌学研究に貢献した。歌集『思草』『新月』、『校本万葉集』など。

嶋田 青峰

(1882~1944) 答志郡的矢村出身。俳人。
俳誌『土上』を創刊。穏和な作風ながら、やがて新興俳句運動の一翼をになった。俳句弾圧事件で検挙され、釈放後、病没。句集『海光』など。

江戸川乱歩

(1894~1965) 名張郡名張町出身。小説家。
大学卒業後、種々の職業を経て、処女作「二銭銅貨」を『新青年』に発表。 探偵小説界の第一人者として活躍した。「心理試験」「陰獣」など。

横光 利一

(1898~1947) 阿山郡東柘植村および上野町に少年時代在住。小説家。
福島県会津生まれ。川端康成らと『文藝時代』を創刊、新感覚派の中心作家として活躍した。「機械」「旅愁」など。

北園 克衛

(1902~1978) 度会郡四郷村出身。詩人。
詩誌『白紙』『VOU』などを創刊。著書は、第一詩集『白のアルバム』をはじめ、詩集、英文詩集、訳詩集、短編小説集、評論集など38冊。

丹羽 文雄

(1904~2005) 四日市市出身。小説家。
大学在学中から同人誌に作品を発表。卒業後郷里で僧侶になるが、「鮎」の好評を機に作家生活に入る。「厭がらせの年齢」「親鸞」など著作多数。

田村泰次郎

(1911-1983) 三重郡富田村出身。小説家。
敗戦後、「肉体の門」で人気を集める。「肉体の悪魔」では従軍慰安婦をいち早くとりあげた。当館には、資料9,000点を収める「田村文庫」がある。

田村泰次郎文庫目録


展示風景
展示風景

展示風景
展示風景

展示期間:平成6年10月7日(金)〜10月26日(水)
〒514-0061 津市一身田上津部田1234番地
三重県立図書館 情報相談課 (TEL 059-233-1180)
ご意見・ご感想はmailto:mie-lib@milai.pref.mie.jpまで


10:36