文字サイズ

サイト内検索
ページトップ

ウェブサイト掲載内容に関するお問い合わせ

お問い合わせ先:三重県立図書館 メール:mie-lib@library.pref.mie.jp
電話:059-233-1180(代表) ファクス:059-233-1190

携帯サイト

All Rights Reserved, Copyrightc Mie Prefectural Library

特別資料

 

原稿

番号筆者原稿、草稿題名形態備考
1東畑精一経済分析の歴史原稿用紙19,165枚 
2東畑精一序論200字詰原稿用紙39枚/1綴 
3東畑精一社会主義運動に於ける農政問題、其の歴史(3) 第3節 独逸社会民主党の農業綱領運動(1894-95)216字詰原稿用紙37枚/1綴手書き原稿を複写したもの
4東畑精一矢作栄蔵博士還暦祝賀論文 農業政策の諸問題登載 農業恐慌の基本経過200字詰原稿用紙191枚(表紙を含む)・白紙1枚/1綴 
5東畑精一第1章 恐慌問題への接近200字詰原稿用紙60枚/1綴16枚目にメモ2枚あり
6東畑精一第2章 農業恐慌と自然200字詰原稿用紙42枚/1綴 
7東畑精一[タイトルなし]200字詰原稿用紙114枚・白紙5枚 
8東畑精一価格統制の概観的考察200字詰原稿用紙61枚/1綴 
9東畑精一[『経済分析の歴史』]編輯者序文200字詰原稿用紙110枚/1綴 
10東畑精一小農・貧農の問題200字詰原稿用紙27枚/1綴 
11東畑精一第3章 農業恐慌の成立200字詰原稿用紙3枚 
12[講演記録]古い教えと新しい農業200字詰原稿用紙125枚(表紙を含む)/1綴表紙:「朝日新聞社、農業賞記念講演 朝日農業賞第1回受賞、謹呈表彰式 昭和39年2月13日、朝日講堂」「東畑精一先生講演速記」
13[講演記録]東畑精一氏講演200字詰原稿用紙101枚(表紙を含む)/1綴表紙:「昭和34年1月14日」
14[講演記録]農村問題200字詰原稿用紙173枚(表紙を含む)・白紙2枚/1綴表紙:「4月26日」「東大教授農学博士東畑精一氏」 26枚目に名刺あり
15[講演記録]誰が農村を復興するのか400字詰原稿用紙41枚(表紙を含む)・白紙1枚/1綴表紙:「東大教授農博農業連盟会長東畑精一氏」
16[講演記録]協同組合の在り方220字詰原稿用紙91枚(表紙を含む)表紙:「東畑精一氏講演 全国家の光主事協議会に於て」
17[講演記録]J.シュペイター200字詰原稿用紙139枚(表紙を含む)/1綴表紙:「1946年6月18日 於工業クラブ」 名刺1枚貼付あり
18[講演記録]東畑精一教授講演要旨200字詰原稿用紙97枚(表紙を含む)/1綴表紙:「昭和25年10月24日」 2枚目にメモ1枚あり
19 シュムペーター先生の思い出250字詰原稿用紙35枚/1綴『わが師わが友わが学問』(柏書房刊)収録のエッセイの一部。筆跡は東畑本人のものではない。末尾2枚が編集者のあとがきで、同じ筆跡であることから、編集者が書いたものと思われる。
20大川一司戦時食糧資源ノ抗戦性判断200字詰原稿用紙140枚(表紙を含む)・白紙2枚/1綴表紙:「謹呈東畑先生 大川一司」「昭和16年1月」
 

書簡 東畑精一宛(夫人宛書簡を含む)

番号差出人枚数発信年月日同封の資料など備考
1愛甲 勝矢書簡2枚昭和49年5月5日  
2池田 成彬書簡1通(2枚継紙)昭和[16]年12月念一(21日)  
3伊坂 又右衛門書簡1通(3枚継紙)昭和[30]年4月4日差出人の家族の礼状2枚 
4石井 一郎書簡3枚昭和57年5月13日  
5石坂 泰三書簡1枚昭和[33]年2月25日  
6井上 晴丸書簡3枚昭和[44]年8月18日  
7岩田 善雄書簡2枚昭和46年10月29日  
8上野 満書簡1枚昭和52年1月10日  
9愛媛県経済農業協同組合連合会書簡1通(1枚)昭和55年10月「謹呈」の用紙1枚 
10大内 兵衛書簡4枚昭和[34]年5月31日  
11大内 兵衛書簡6枚昭和[35]年4月2日  
12大熊 信行書簡2枚昭和[ ]年4月6日  
13大熊 信行書簡2枚[不明]  
14大越 四郎書簡2枚昭和30年3月12日  
15大越 四郎書簡2枚昭和30年4月27日履歴書1通 
16大塚 久雄書簡3枚昭和[19]年7月6日  
17大槻 □□書簡6枚[不明]  
18大橋 育英書簡4枚昭和[29]年9月30日  
19金指 基書簡2枚昭和47年2月22日  
20神谷 克巳書簡3枚昭和44年1月30日『近代日本文化 11』月報2枚 
21金 錫在書簡5枚昭和[29]年8月23日  
22金 錫在書簡2枚昭和[29]年9月17日  
23熊谷 尚夫書簡2枚昭和[53]年3月12日  
24黒澤 深書簡3枚昭和[49]年5月28日  
25小竹 正書簡2枚昭和51年4月1日  
26小山 久二郎書簡2枚昭和[ ]年9月13日  
27幣原平和財団リスト8枚切手消印:昭和30年4月27日洋書目録1冊送り状無し
28幣原平和財団リスト9枚切手消印:昭和30年9月3日中山伊知郎あて返信用封筒1枚送り状無し
29角南 隆書簡4枚昭和[29]年9月14日  
30関口 隆利書簡4枚昭和30年3月3日  
31高田 保馬書簡1通(3枚継紙)昭和[10]年9月26日  
32田中 隆二郎書簡3枚昭和29年8月11日履歴書1通 
33田中 香苗書簡1通(1枚)切手消印:昭和57年6月3日  
34田原 春次書簡4枚昭和[37]年8月11日  
35張 漢裕郵便書簡(ミニレター)1通昭和30年4月3日  
36長野県共済農業協同組合連合会書簡1通(1枚)昭和57年7月  
37中山 伊知郎書簡4枚昭和[ ]年4月3日  
38西尾 忠之助書簡1枚昭和30年2月16日投函代理人(西尾倉義)の書簡1枚 
39西津 正男書簡2枚昭和[30]年7月26日  
40西山 武一書簡4枚昭和29年9月17日  
41西山 武一書簡6枚昭和29年11月10日追記2枚(斉民要術に関して1枚、おくやみ1枚)日付11月11日 
42日本太平洋問題調査会書簡2枚昭和[30]年8月19日  
43萩原 雄祐書簡2枚昭和[29]年9月25日  
44羽田 宏書簡7枚昭和[ ]年5月20日写真3枚 
45原 覚天書簡3枚昭和50年4月16日  
46福島 要一書簡3枚昭和[ ]年4月7日  
47馬瀬 信敏書簡2枚昭和[30]年2月13日  
48松田 愛三郎書簡1枚切手消印:昭和29年3月14日葉書1枚 
49松田 昌二書簡2枚昭和58年8月25日 宛先:東畑精一夫人
50松田 其次書簡2枚昭和[29]年11月26日履歴書3通 
51松村 勝次郎書簡3枚昭和[29]年12月6日  
52三輪 寿壮書簡1通(3枚継紙)昭和[12]年2月6日  
53三宅 正一書簡2枚昭和[ ]年3月16日  
54山中 典士書簡1通(1枚)昭和48年11月樋口清之氏の添え書き1枚 
55吉田 茂書簡1通(1枚)昭和22年1月1日  
56吉田 茂書簡1通(2枚継紙)昭和[30]年12月30日  
57吉田 茂書簡1通(1枚)昭和[32]年1月14日  
58吉田 茂書簡1通(1枚)昭和[34]年1月6日  
59吉田 茂書簡1通(2枚継紙)昭和[36]年8月23日  
60吉田 茂書簡1通(1枚)昭和[38]年3月10日  
61吉田 茂書簡1通(1枚)昭和[38]年4月23日  
62吉田 茂書簡1通(1枚)昭和[40]年4月23日  
63吉田 茂書簡1通(1枚)昭和[ ]年6月7日  
64吉田 茂書簡1通(2枚継紙)昭和[ ]年7月3日  
65吉田 茂書簡1通(2枚継紙)昭和[ ]年5月7日  
66吉田 茂書簡1通(1枚)昭和[ ]年3月11日  
67吉田 茂書簡1通(2枚継紙)昭和[ ]年1月28日  
68吉田 茂書簡1通(2枚継紙)昭和[ ]年8月7日  
69吉田 茂書簡1通(1枚)昭和[ ]年3月20日 宛名連名:中山博士
70笠 信太郎書簡1枚昭和[ ]年12月11日  
71差出人不明書簡6枚切手消印:昭和22年6月2日  
72□□ □人書簡3枚昭和[37]年6月19日  
 

シュンペーター関連資料

番号資料種別著者タイトル出版地出版年備考頁数
1原稿Schumpeter, Joseph A.Capitalism, socialism & democracy  

手書き原稿

1128枚,番号なし1枚
2原稿Schumpeter, Joseph A.Capitalism, socialism & democracy  タイプ原稿。序文日付1942.3772枚
3原稿Schumpeter, Joseph A.『Capitalism, socialism & democracy』執筆のためのメモ等  手書きノート373枚,白紙3枚。
4書評 Our military chaos / At midsummer time 不明掲載誌:A quarter-century of Borzoi books(27-28p)
5書評 Book review 1946.5.The New York times(29-30p)
6書評 Book review 1946.6.The New York times(25-26p)
7書簡   日付:1946.2.宛先:Schumpeter, J. A. / 差出人不明 
8書簡(コピー)   日付:1939.6.宛先:Tintner / 差出人:Witte, Edwin E. 
9論文Dennis, LawrenceA private weekly news letter: the appeal to reasonMassachusetts不明 1p
10論文Dennis, LawrenceA private weekly news letter: the appeal to reasonMassachusetts1946.4.No.55p
11論文Dennis, LawrenceA private weekly news letter: the appeal to reasonMassachusetts1946.5.No.64p
12論文Dennis, LawrenceA private weekly news letter: the appeal to reasonMassachusetts1946.5.No.75p
13論文Dennis, LawrenceA private weekly news letter: the appeal to reasonMassachusetts1946.5.No.85p
14論文Dennis, LawrenceA private weekly news letter: the appeal to reasonMassachusetts1946.6.No.11 Schumpeter, J. A. 宛封筒1枚あり5p
 

シュンペーター関係電子資料

『Capitalism,socialism&democracy』(Yoseph.A.Schumpeter/著)原稿

当原稿は、シュンペーターの死後、シュンペーター夫人より、交流のあった東畑精一に形見として送られた。その後、東畑の蔵書とともに旧農業技術センター(現三重県農業研究所)に寄贈され、センター内の東畑記念館に保管されたが、蔵書を整理していた東畑の門下生・浦城晋一(当時三重大学教授)が古新聞や雑誌を詰めた箱の中から発見した。

著者 ヨセフ・アロイス・シュンペーター Joseph Alois Schumpeter(1883~1950)

オーストリア生まれの経済学者。ウィーン大学で法学と経済学を学び、弁護士、大蔵大臣、銀行総裁などを経てボン大学教授に就任。その後ハーバード大学の招聘によりアメリカに渡り研究を行った。『資本主義・社会主義・民主主義』は1942年に研究の成果を万人向きに書いたものであるが、出版後大きな反響を呼び、今なお読み継がれている。

資本主義・社会主義・民主主義

原稿リンク※別のサイトに移動します。

 

ヨセフ・アロイス・シュムペーター 補遺稿「資本主義・社会主義・民主主義」シュムペーター章句集成<刊行本に用いられなかった廃棄手稿、論点整理につくられた手稿、テキスト各部の構成に用いられた手稿、ノート類等>』(浦城晋一/訳・編)

当資料は、シュンペーターが、『資本主義・社会主義・民主主義』を執筆するにあたって、作成した、草稿、整理稿、ノート等を翻訳、分類し、まとめたものである。草稿、整理稿、ノート等は英語、ドイツ語の他、ガベルスベルガー式といわれる速記体で書かれたものもある。解読に至る過程は、当資料の「編集後記」に詳しい。

訳・編者 浦城晋一 (1931~)

三重県生まれ。東京大学農学部農業経済学科卒業、東京大学大学院社会科学研究科修了、農学博士。三重大学農学部教授を経て、三重大学生物資源学部教授、現三重大学名誉教授。主な著作に『真珠の経済的研究』(1970),『日本農民の変換過程』(1978),『三重の和牛』(1984),『悲しい米豊かな米』(1986)などがある。

閲覧、ダウンロード

この資料の閲覧、ファイルのダウンロードは自由ですが、利用の際には著作権にご留意願います。