三重県図書館協会ロゴ
 

図書館活性化推進事業助成金交付要領

1 目的

三重県図書館協会会則(以下「会則」という。)第4条第1項に基づき、協会加盟館及び団体(以下「加盟館」という。)が行う図書館の活性化に資する調査研究事業について、図書館活性化推進事業助成金(以下「助成金」という。)を交付し、図書館の活性化や地域の振興に寄与するものとする。

2 対象

加盟館が主体となって行う調査研究事業で下記の条件を満たすものに助成金を交付する。
  1. (1) 対象とする事業は、助成金を財源として図書館の活性化に資する新たな取組で、広く他館の参考となるものとする。
  2. (2) 加盟館が主催し、単独で実施するもの、若しくはその他の協会加盟館並びに個人会員、NPO等外部の機関との連携により実施するもの。
  3. (3) その他、協会長が助成対象と認めた場合。

3 助成金

上記2に該当する事業については、1事業につき年間10万円を限度として助成金を交付する。また、連続する2カ年にわたり事業を計画することができるものとする。ただし、次の一に該当する場合はこれに制限を加えるものとする。
  1. (1) 主催館が同一で、参加を呼びかける対象館が同一の場合、又は事業内容が類似している事業に対しては、その事業に要する経費が10万円以上の場合であっても、予算の範囲内において助成額を減額することがある。
  2. (2) その事業に要する経費が10万円未満の場合は、助成額はその額以下の金額とする。
  3. (3) その他、協会長が助成対象として不適当と認めた場合。

4 交付申請

助成を受けようとする主催館は、事業実施予定日の10日前までに、図書館活性化推進事業助成金助成金申請書(第1号様式)を協会長あて提出しなければならない。

5 事業採択

協会長は、主催館から図書館活性化推進事業助成金申請書の提出を受け付けたときは、別に定める審査会を開催し、選定し、その結果を速やかに主催館に連絡しなければならない。

6 交付

助成金の交付は、原則、主催館の保有する口座へ振り込むものとする。
ただし、振り込み口座を保有していない場合は、現金書留による郵送、直接の手渡しとすることができる。
なお、振り込み等にかかる手数料は、通信運搬費から支出するものとする。

7 完了報告

助成を受けた主催館は、事業終了後10日以内に図書館活性化推進事業実績報告書(第2号様式)を協会長あて提出しなければならない。

8 成果の発表

助成を受けた主催館は、協会長の求めに応じ研修会等の場において、広く会員にその取組成果についての発表をしなければならない。

9 その他

その他、この要領に定めのないことについては、協会長とその都度協議するものとする。

10 施行年月日

この要領は、平成20年6月5日から施行する。
   この要領は、平成30年5月24日から施行する。
 

お問い合わせ先:三重県図書館協会 事務局

〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234 三重県立図書館 企画総務課
電話:059-233-1181/ファクス:059-233-1191/E-mail:mie-lib@library.pref.mie.jp