文字サイズ

サイト内検索
ページトップ

ウェブサイト掲載内容に関するお問い合わせ

お問い合わせ先:三重県立図書館 メール:mie-lib@library.pref.mie.jp
電話:059-233-1180(代表) ファクス:059-233-1190

携帯サイト

All Rights Reserved, Copyright© Mie Prefectural Library

トップページ > 展示のお知らせ 

展示のお知らせ

 
展示情報 >> 記事詳細

2017/09/22

企画展「清水 信の軌跡」展を開催します

Tweet ThisSend to Facebook | by 三重県立図書館地域資料コーナー担当
 このたび三重県立図書館では、今年2月に急逝した文芸評論家の清水信氏に関する企画展示を開催します。清水氏は1962(昭和37)年、文芸批評の芥川賞とも称された近代文学賞を受賞し、全国に名を知られる存在となりました。最後まで鈴鹿を離れることがなかった清水氏は、特に同人雑誌評の第一人者として長年活躍するとともに、県内外で多くの書き手を育てました。さまざまな雑誌・新聞に評論やエッセイを書き、各地で講演を行いましたが、その軽妙で歯に衣着せぬ語り口は、清水氏ならではと言えるでしょう。
 企画展示では、96歳で亡くなる直前まで、昭和・平成を通じての長い期間にわたって、著作や同人雑誌などゆかりの品々とともにその業績を紹介します。

期間

平成29年9月30日(土曜日)から10月15日(日曜日)まで
※休館日 10月2日(月曜日)、10日(火曜日)

開館時間

9時から19時まで

会場

三重県立図書館 2階 文学コーナー(津市一身田上津部田1234)

清水 信 (しみず しん)

1920年長野県に生まれ、父の転勤に伴って鈴鹿へ移る。明治大学文芸科を卒業後、小林秀雄の紹介で外務省事務官として北京に渡り、日本大使館などに勤務する。戦後は教職のかたわら執筆活動を行い、1962年、『近代文学』連載の戦後作家論「当世文人気質」で第3回近代文学賞を受賞。以降、長年にわたり県内外の雑誌・新聞で数多くの評論やエッセイを執筆するとともに、吉行淳之介らの著書に解説を寄せた。また自宅に同人雑誌センターを開設し、全国の同人雑誌の収集・保存にも努めた。2007年中日文化賞受賞、2008年三重県県民功労者表彰受章。著書に『作家と女性の間』『魅力ある作家たち』『清水信文学選』など。2017年2月逝去。

関連資料

「清水 信の軌跡」展 チラシ.pdf

お問い合わせ先

担当課:資料調査課
担当者名:中川
電話番号:059-233-1180



00:00