文字サイズ

サイト内検索
ページトップ

ウェブサイト掲載内容に関するお問い合わせ

お問い合わせ先:三重県立図書館 メール:mie-lib@library.pref.mie.jp
電話:059-233-1180(代表) ファクス:059-233-1190

携帯サイト

All Rights Reserved, Copyrightc Mie Prefectural Library

地域ミニ展示

 
地域ミニ展示  >> 記事詳細

2015/10/16

第29回 奥の細道の諸本

| by システム担当者

当館が所蔵するさまざまな「奥の細道」について展示・紹介を行っています。

  • 展示期間 平成13年6月1日(金) から 平成13年7月8日(日)
  • 展示資料
展示資料一覧
資料名収録書名出版者出版年
与謝蕪村筆 奥の細道画巻『奥の細道画巻』(全2巻・解説釈文)郷土出版社

1989

五升庵蝶夢編 芭蕉翁絵詞伝 再摺本芸艸堂

1989

井筒屋本 おくのほそ道『奥の細道』井筒屋庄兵衛不明
寛政版 おくのほそ道『奥の細道』洛陽:蕉門書林1789
素龍本 おくのほそ道 複製『素龍本奥の細道』靖文社1948
蝶夢 宰府紀行 明和9年(1772) 『古典俳文学体系 14』集英社1977 
野坡本 おくのほそ道
※影印
『芭蕉自筆奥の細道』岩波書店1997
曾良本 おくのほそ道
※影印
『天理図書館善本叢書 和書の部 第10巻 芭蕉紀行文集』天理大学出版部1972

(上記資料はすべて当館所蔵です。閲覧可能ですが、和古書についてはご本人と確認できるものが必要です。)

資料説明

与謝蕪村筆 奥の細道画巻 上下2巻(重要文化財 逸翁美術館蔵) 複製

蕪村は生涯に約10点の『奥の細道画巻』を制作したことが残された書簡の記事などから知られるが、現存するその確かなものは僅かに3点という。この画巻は、安永8年(1779)冬の制作になり、蕪村64歳の俳画円熟期の作である。 展示は、旅立ちの冒頭と、紀行の終着大垣の部分。

五升庵蝶夢編 芭蕉翁絵詞伝 再摺本

芭蕉伝記の中でも、最も早いもののひとつで、芭蕉顕彰にその後半生をささげた蝶夢によって編集、寛政5年(1793)に刊行されたもので、基本的な芭蕉伝として知られる。本書はその版木から再摺したもの。展示は、旅中の象潟の図と、旅後の伊賀での越年の記事の部分。

井筒屋本 おくのほそ道 井筒屋庄兵衛刊

素龍本(素龍清書本)により複製した本書の刊行によって、『奥の細道』は広く世に知られるようになった。巻末に、原本の体裁、来歴等を記した無署名の跋一丁を付す。初印は元禄15年(12年とも)であるが、幾度も刷を重ねた。展示の館蔵本もその後刷本の一本。

寛政版 おくのほそ道 井筒屋庄兵衛 橘屋治兵衛刊

井筒屋本に素龍、去来、蝶夢の跋を加えた明和刊本から、無署名の跋を除き、すべてをかぶせ彫りにしたもので、寛政元年(1789)に刊行されたもの。本書も多く刷次を重ね、広く読まれた。

素龍本 おくのほそ道 複製

井筒屋本(元禄版本)の元となった本で、素龍の奥書(元禄4年)を有する。芭蕉が素龍に清書させ自ら題箋を記して、元禄7年のその没時まで携行所持していたもので、没後、去来に譲られた。『奥の細道』の定稿と言われるものである。巻末に去来の跋一丁を付す。なお、素龍写本には今一本の柿衛本があり、本書は西村本とも称される。

蝶夢 宰府紀行 明和9年(1772) 橘屋治兵衛刊

芭蕉顕彰に尽くした蝶夢の明和8年の中国・九州行脚の紀行。枡形の体裁は、『奥の細道』に倣ったものである。

野坡本 おくのほそ道 影印 岩波書店

平成8年に紹介され、広く注目をあびた芭蕉自筆の草稿本。元禄版本に「真蹟の書、門人野坡が許に有り」と記された本で、多くの貼り紙訂正がなされ、定稿にいたる推敲の跡を知ることができる。

曾良本 おくのほそ道 影印 天理図書館善本叢書

曾良自筆の旅日記(『曾良旅日記』)と共に、曾良の筆としてあわせて今日に伝来した本で、芭蕉の訂正が加えられている。素龍本の前段階を示す、或は最終稿本ともいわれる。なお、筆写者については諸説がある。


16:58