文字サイズ

サイト内検索
ページトップ

ウェブサイト掲載内容に関するお問い合わせ

お問い合わせ先:三重県立図書館 メール:mie-lib@library.pref.mie.jp
電話:059-233-1180(代表) ファクス:059-233-1190

携帯サイト

All Rights Reserved, Copyright© Mie Prefectural Library

みえの本バックナンバー

 
みえの本 >> 記事詳細

2014/02/15

みえの本 286号

| by システム担当者
平成26年2月15日発行 
情報の入手時期:平成26年1月1日から31日

0 総記

基礎からわかる情報リテラシー 改訂第2版 コンピュータ・インターネットと付き合う基礎知識

奥村晴彦 著
東京 技術評論社 167p 23cm 1,480(税別)円
内容紹介: 著者は三重大学教育学部教授。文字入力やネットの利用から、プログラミングまで、コンピュータやスマートフォンを楽しく安全に使うための基本的な考え方をまとめる。技術的な知識だけでなく、著作権などの法律についても解説する。
(新刊全点案内1月21日号)

1 哲学

伊勢神宮 第3版 

櫻井勝之進 著
東京 学生社 237p 20cm 2,200(税別)円
内容紹介: 伊勢神宮に受け継がれてきた古代そのままの姿をとどめる神事・神嘗祭の実態は何か。式年遷宮の秘儀、内・外宮と摂・末社の関係は何を語るのか。神宮の中に秘められてきた古代日本と古代国家の謎に迫る。
(新刊全点案内1月7日号)

御遷宮 

伊勢神宮崇敬会 40p A4判 1,000円
内容紹介: 神宮の式年遷宮を振り返る写真集。2005年の「山口祭」から2013年10月の「遷御」までの遷宮諸祭や、真新しい新正殿の写真と解説を掲載する。
(中日1月7日)
問い合わせ先:神宮会館(電話:0569-22-0001)

寺社・仏閣物語 

伊藤好夫 著
鈴鹿 伊藤好夫 各約20p A4判 各300円
内容紹介: 鈴鹿市内にある10の寺社の歴史を1冊ごとに綴った冊子。椿大神社や子安観音寺など地域を代表する神社と寺の由来、祭る神様や仏様、所蔵の重要文化財や、地域とのかかわりを大きく取り上げ、小学校高学年が理解できる内容とした。【児童書】
(中日1月30日)
問い合わせ先:伊藤好夫さん(電話:059-378-1759)

神社の古代史 

『歴史読本』編集部 編
東京 KADOKAWA 303p 15cm 750(税抜)円
内容紹介: 神社を歴史的側面から眺めると、知られざる古代史が浮かび上がる。伊勢神宮や諏訪大社といった、全国の著名な神社を例にとり、その由緒・由来から古代史を探る。『歴史読本』の特集「神社に秘められた古代史」を再編集。
(新刊全点案内1月21日号)

遷宮 第六十二回神宮式年遷宮 御遷宮対策委員会公式記録写真集

宮澤正明 撮影
伊勢 御遷宮対策委員会   
内容紹介: 遷宮、お白石持行事を宮澤正明氏が撮影した写真集。付録としてDVD「第六十二回神宮式年遷宮記録」が付いている。
(産経1月1日)
問い合わせ先:御遷宮対策委員会(電話:0596-25-5215)

二宮叢典 中篇 増補大神宮叢書 21

高木 永年/ほか編
東京 吉川弘文館 71,1053p 23cm 16,000(税別)円
内容紹介: 神宮関係の神典・旧記などをほぼ網羅的に集成した叢書「二宮叢典」を翻刻。中篇は、「松木禰宜年中行事」以下「大成經破文」まで51点の神宮関係史料と解題を収録。
(新刊全点案内1月21日号)

日本人と神様 ゆるやかで強い絆の理由

櫻井治男 著
東京 ポプラ社 184p 18cm 780(税別)円
内容紹介: 著者は皇學館大学文学部教授。初詣、七五三、厄祓い…人生の節目ごとに、気軽に神社を訪れる日本人。しかし神様について詳しいことはほとんどの人が知らない。このゆるやかな結びつきはどこからくるのか? 日本人独特の神様とのつき合い方を紹介する。
(新刊全点案内1月14日号)

日本人の聖地のかたち 熊野・京都・東北

大東俊一 著
東京 彩流社 188,6p 20cm 2,000(税別)円
内容紹介: 日本の「聖地」は複数の宗教的要素が重層的に融合して、歴史的に形成されてきた。日本の「聖地」がどのように形成されたのか、その歴史的断面に焦点をあて、日本人の持つ宗教の特性を浮かび上がらせる。
(新刊全点案内1月28日号)

2 歴史

一万年前 気候大変動による食糧革命、そして文明誕生へ

安田喜憲 著
東京 イースト・プレス 278p 20cm 1,750(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。湖の底に静かに堆積し、長い年月をかけ美しい縞模様を刻んできた「年縞」、それは地球の記憶そのものだった-。滅亡の危機を乗り越えた人類の生存戦略を「年縞」から解き明かす。Web文芸誌『マトグロッソ』連載を加筆修正。
(新刊全点案内1月28日号)

幸吉カルタ 

鳥羽 真珠博物館 1,500円
内容紹介: 真珠王・御木本幸吉が九十六年の生涯に残した言葉やエピソードで作ったオリジナルカルタ。
(伊勢1月1日)
問い合わせ先:ミキモト真珠島(電話:0599-25-2028)

恋しよおろし 

16p B5判 
内容紹介: 御浜町尾呂志地区の歳時記。伝統や文化、四季の移り変わりとそれに伴う行事、昔話などが写真とともに紹介されている。
(吉野熊野1月1日)

死者のはたらきと江戸時代 遺訓・家訓・辞世

深谷克己 著
東京 吉川弘文館 212p 19cm 1,700(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。身分制社会の江戸時代では、死者も生前の身分を引き継ぎ序列化された。君主の神格化、大名の遺訓、農家・商家の家訓や看取りの記録、辞世や自死など、死者が生者と協同して歴史をつくりあげていく様相を浮き彫りにする。
(新刊全点案内1月7日号)

春夏秋冬ぴあ 2014-2015 東海版

名古屋 ぴあ株式会社中部支局 114p 30cm 743(税別)円
内容紹介: ネイチャー体験、味覚狩り、工場見学、アミューズメント&テーマパーク…。愛知・岐阜・三重・静岡を中心に、東海地方の日帰りおでかけスポットを紹介する。クーポン付き。データは2013年12月現在。
(新刊全点案内1月21日号)

十年のあゆみ 

津 一志町歴史語り部の会 62p A4判 
内容紹介: ボランティアガイド団体「一志町歴史語り部の会」の十周年記念誌。10年間の活動を整理・記録したもので、歴史ウォークやJA三重郷土資料館でのガイド、児童対象の農業体験学習をはじめ、様々な活動を年度順に写真を交えて掲載するほか、会員らが会への思いを綴った文章も収録する。
(伊勢1月9日,三重ふるさと1月23日)
問い合わせ先:吉村武司会長(電話:059-293-0277)

食べる。 

中村安希 著
東京 集英社 240p 16cm 500(税別)円
内容紹介: 著者は三重県内の高校を卒業。食べ物を通じて人に出会い、出会った人と食事を共にする。ボツワナのジャンクフード、ネパールのヤギの内臓、メキシコのタコス…。世界中を渡り歩いて食と人を綴ったノンフィクション。2011年刊に加筆、再構成した。
(新刊全点案内1月28日号)

津市内ちょこっと観光 

津 津市観光ボランティアガイド・ネットワーク協議会 8p A5判 
内容紹介: 津市を訪れるビジネス客を対象とした観光案内。津駅周辺など6地域を取り上げ、1地域につき9カ所の見どころ、店をカラー写真付きで紹介、裏表紙にはイラスト地図を掲載する。
(中日1月8日)
問い合わせ先:津市観光協会(電話:059-246-9020)

南紀 '14-'15 

東京 昭文社 159p 26cm 838(税別)円
内容紹介: 伊勢神宮、アドベンチャーワールド、南紀の世界遺産をはじめ、温泉やグルメなどをガイド。取り外せる2大付録、地図と旅の基本情報をダウンロードできるQRコード付き。データは2013年10~11月現在。
(新刊全点案内1月28日号)

南紀・伊勢 3版 4刷 志摩・熊野古道

東京 昭文社 191p 21cm 900(税別)円
内容紹介: 南紀・伊勢・志摩・熊野古道の「行きたい」「食べたい」「買いたい」ランキングをはじめ、旅の旬カレンダー、オススメモデルコースなどを収録。エリアガイドも充実。取り外せるマップ付き。データは2013年8~9月現在。
(新刊全点案内1月28日号)

日帰り温泉&スーパー銭湯 2014 東海版

東京 ぴあ 130p 30cm 743(税別)円
内容紹介: 気軽に行ける東海地方の温泉&スーパー銭湯202スポットを案内。お風呂の種類、混雑タイム、タオル・シャンプーの有無など、施設情報を収録。有効期限ありのクーポン券付き。データは2013年10~12月現在。
(新刊全点案内1月14日号)

ほんまちポンポコマップ 

四日市 本町通り商店街振興組合 約30×70cm(折り畳み約10cm) 
内容紹介: 買い物客を対象に、商店や津波避難所、周辺の名所旧跡を紹介したマップ。表面では本町通り商店街振興組合に加盟する27店舗を店主の似顔絵入りで紹介するほか商店街の歴史やイベント情報を掲載、裏面は四日市旧港へと続く散策マップになっており、史跡や文化施設の情報のほか、津波避難指定ビル17カ所も盛り込む。
(伊勢1月31日)
問い合わせ先:喜太八時雨本舗(電話:059-352-2265)

3 社会科学

酒薫旅情 琵琶湖が誘う酒と肴の俳諧民俗誌

篠原徹 著
東京 社会評論社 217p 21cm 1,800(税別)円
内容紹介: 滋賀・近江の地で酒蔵をめぐり、伊賀市出身の俳人・松尾芭蕉と与謝蕪村が残した酒・酒肴詩から近世の飲酒文化を探るうちにたどりついた、酒と食の歴史が秘めた京都千年の真実…。エチオピアや中国海南島の少数民族の飲酒文化調査の裏話も収録。
(新刊全点案内1月28日号)

時流の先へ 中部財界ものがたり

名古屋 中日新聞社 356p 四六判 1,785円
内容紹介: 「真珠王」といわれた御木本幸吉やゼロ戦の設計者・堀越二郎など個性豊かな60人の経営者らの決断と波乱に満ちた生涯を描く。中日新聞の地域経済面で連載している同名のコーナーを編集し書籍化した。
(中部経済1月30日)
問い合わせ先:中日新聞社出版部(電話:052-221-1714)

鈴鹿市財政白書 

財政研究会 87p A4判 500円
内容紹介: 鈴鹿市市議会議員の有志7人でつくる財政研究会が作成した鈴鹿市の財政白書。グラフを多用し、行政サービスにかかる経費をクイズ形式で示すなど分かりやすく紹介する。
(中日1月17日)
問い合わせ先:森田英治さん(電話:090-1092-2288)

スマホは人気で買うな! 経済学思考トレーニング

吉本佳生 編著
東京 日本経済新聞出版社 204p 18cm 850(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。イートインとテイクアウトの料金が同じ理由は? 多くの映画館にレディースデーの割引サービスがあるのはなぜ? モノの値段やサービス料金、就活、資産運用など、身近な題材のクイズで経済学思考が身につく。
(新刊全点案内1月21日号)

名古屋知るのが怖い底力と近未来 「愛知、岐阜、三重」が驚きの大進化 絶対保存版!

プレジデント編集部 編集
東京 プレジデント社 119p 29cm 838(税別)円
内容紹介: 進化し続ける名古屋から目が離せない! トヨタ自動車の復活が本物かを徹底検証するほか、豊田章男社長のリーダーシップ、世界で戦う中部のモノづくり企業、東海52大学の就職率などを紹介する。
(新刊全点案内1月7日号)

筆跡鑑定入門 ニセ遺言書、文書偽造を見破るには

魚住和晃 著
東京 芸術新聞社 182p 21cm 1,800(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。筆跡鑑定の基本的な方法を、具体例を示しながら論じる。遺言書をめぐる「一澤帆布事件」、脅迫状がカギを握る「狭山事件」などの裁判の裏側も公開。弁護士・神谷信行との対談も収録。『墨』連載を加筆し書籍化。
(新刊全点案内1月7日号)

4 自然科学

死なないやつら 極限から考える「生命とは何か」

長沼毅 著
東京 講談社 237p 18cm 900(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。超高温、超高圧、高塩分、強放射線、強重力…。過酷な環境をものともしない極限生物たちの驚異の能力と、不可解きわまる進化。そこにある、「不安定な炭素化合物」として40億年も続いた生命という現象の本質に迫る。
(新刊全点案内1月7日号)

5 技術

おでかけパン屋さん 

流行発信 編集
名古屋 流行発信 153p 26cm 857(税別)円
内容紹介: 東海エリアの人気ベーカリーで見つけた、毎日食べたいBESTパン100をはじめ、話題のNEWベーカリー、行列のできるパン屋さんなどを掲載。また、わざわざ行きたいおでかけパン屋さんをエリア別に紹介します。
(新刊全点案内1月7日号)

他郷阿部家の暮らしとレシピ 石見銀山・群言堂

松場登美 著
東京 家の光協会 127p 21cm 1,500(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。世界遺産・石見銀山にある古民家の宿「他郷阿部家」。そこで出される春野菜の白あえ風、とうもろこしのかき揚げ、かぼちゃのきんぴらといった四季折々の家庭料理や、心温まるおもてなし、暮らしの知恵を紹介する。
(新刊全点案内1月7日号)

6 産業

農業が創る未来 ヤマギシズム農法から

村岡到 編
東京 ロゴス 174p 19cm 1,600(税別)円
内容紹介: 困難に直面している日本の農業をどうしたらよいのか。人間にとっての農業の根源的な意義や、日本農業の現状を明らかにするとともに、エコヴィレッジの先駆であるヤマギシ会の農業=ヤマギシズム農法を紹介・分析する。
(新刊全点案内1月14日号)

みえづくし 三重の風土が育てた品々

三重県・三重県産業支援センター 92p A4判 
内容紹介: 農林水産物など三重県内の地域資源を活用した商品を紹介したカタログ。菰野町の「ま・こもちゃんカレー」や鳥羽市の海藻のメカブを活用したシャンプーなど69の商品を写真と共に紹介。販売業者や価格のほか、商品開発の過程なども記載する。
(毎日1月13日)
問い合わせ先:三重県地域資源活用課(電話:059-224-2336),三重県産業支援センター地域産業創造課(電話:059-228-3585)

7 芸術

いきものかたり 

田辺三郎 著
127p 21×26cm
内容紹介: 著者は津市在住のアマチュア写真家。動物たちの力強い生命力や、豊かな表情などを捉えた121点を収録する。
(三重ふるさと1月30日)
問い合わせ先:田辺三郎さん(電話:090-3933-3789)
運動能力アップのコツ 1 遠くへ投げる・上手に受ける
近藤隆夫 著
東京 汐文社 31p 21×22cm 2,000(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。運動能力がアップする簡単なコツやトレーニングを紹介。体育の授業やクラブで行う運動や競技の上達を目指します。1ではボールを遠くに正確に投げる、また、ボールを上手に受け取るためのカラダの使い方などを説明します。 【児童書】
(新刊全点案内1月7日号)

小津安二郎への旅 魂の「無」を探して

伊良子序 著
東京 河出書房新社 213p 20cm 1,800(税別)円
内容紹介: 一貫して純粋で、永遠の映画を作り続けた松阪市ゆかりの映画監督・小津安二郎。生誕110年・没後50年を迎えてなお輝きを増す名匠の秘密を、ゆかりの地を訪れつつ探りあてる。
(新刊全点案内1月28日号)

御装束神宝 伊勢の神宮

南里空海 著
東京 世界文化社 208p 22cm 2,400(税別)円
内容紹介: 20年に一度、すべてを一新する式年遷宮では、1576点もの御装束神宝が調製される。深い祈りと最高の技で神宝調製に携わる名匠たちと、その手から生み出された貴重な御装束神宝を、豊富なカラー写真を交えて紹介する。
(新刊全点案内1月21日号)

THE ART OFかぐや姫の物語 

スタジオジブリ 責任編集
小金井,東京 スタジオジブリ,徳間書店(発売) 229p 30cm 2,800(税別)円
内容紹介: スタジオジブリの長編アニメーション映画「かぐや姫の物語」制作時に描かれた、キャラクタースケッチおよび設定、原画(修正含む)、レイアウト、ボード、背景画、場面スチールなどを収録。映画の監督高畑勲氏は三重県生まれ。
(新刊全点案内1月14日号)

東京オリンピック 文学者の見た世紀の祭典

講談社 編
東京 講談社 396p 16cm 1,600(税別)円
内容紹介: 世紀の祭典が生んだ、煌びやかな文学者の競演! 三島由紀夫、井上靖、檀一雄、小田実、安岡章太郎、大江健三郎…。錚々たる名手たちが、文学者の視点で五輪に沸いた1964年東京のすべてを活写した全記録。三重県出身の作家、尾崎一雄「陸上初の日の丸」、田村泰次郎「優越感ともの悲しさ」を収録する。
(新刊全点案内1月21日号)

忍者の教科書 新萬川集海

伊賀忍者研究会 編
東京 笠間書院 48p A5判 600(税別)円
内容紹介: 忍者の歴史や各種の忍術、忍具を紹介した読本。中学生以上を対象とした内容で、藤林長門守の子孫がまとめた忍術書「萬川集海」などを参考に編集した。
(伊勢1月30日,産経1月30日,中日1月30日)
問い合わせ先:伊賀忍者研究会 市川裕康事務局長(電話:090-7554-2881)

ふるさとの風に 混声合唱とピアノのための 完結版

寺嶋陸也 作曲,竹内浩三 作詩
東京 河合楽器製作所・出版部 43p 30cm 1,600(税別)円
内容紹介: 23歳でフィリピンにて戦死した三重県出身の詩人、竹内浩三の作品の中から「東京」「夜汽車の中で」「骨のうたう」など7編を混声合唱とピアノのための組曲としてまとめる。詩のページあり。
(新刊全点案内1月14日号)

8 言語

伊勢方言かるた 

伊勢 リントス 44枚 1,980円
内容紹介: 伊勢の方言を使ったかるた。読み上げるかるた文に伊勢方言を使い、標準語と解説文を記載。正しいアクセントで収録された「読み手CD」も付いている。
(伊勢1月23日,毎日1月28日)
問い合わせ先:リントス里中綾子さん(電話:0596-21-0311)

[会話集] 

岡田晃三 著
114p A4判 
内容紹介: 著者は松阪市在住。日本で働くことを目指すインドネシア人を対象に作った日本語会話集。インドネシア語の単語や日常会話の例文を、日本語とローマ字表記に直して、単語は約900、例文は約1200を収録した。日常会話のほか、切符の買い方や松阪市の住民異動届、災害時の対応方法なども訳文と共に収録する。
(中日1月17日)
問い合わせ先:岡田晃三さん(0598-21-0447)

9 文学

伊賀忍び控え帖 

津本陽 著
東京 PHP研究所 389p 15cm 705(税別)円
内容紹介: 梟雄・松永弾正が台頭し、戦国の乱れが深まる時代。伊賀者・遠山太兵衛は、人間離れした技を持ちながら、主君を求めず、自由と危険の背中合わせの境遇を全力で生き抜く。戦国の忍者集団を描く、痛快時代小説。
(新刊全点案内1月14日号)

海山の幸 品川人情串一本差し 1

倉阪鬼一郎 著
東京 KADOKAWA 274p 15cm 560(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。元八丁堀同心の川路波之進は、品川宿の外れで妹の志乃と串の見世を開いている。ある日波之進は救け組の元太と、身投げした娘を助けるが…。四季の料理と心に沁みる人情話で贈る時代長編。
(新刊全点案内1月7日号)

QED伊勢の曙光 

高田崇史 著
東京 講談社 557p 15cm 890(税別)円
内容紹介: 伊勢の鄙びた村から秘宝の鮑真珠を持参していた神職が、不審な墜落死を遂げた。事件解決へ協力を頼まれた桑原崇は棚旗奈々とともに伊勢へ。果たして崇は、事件の真相と、伊勢神宮の謎を解けるのか? QEDシリーズ完結編。
(新刊全点案内1月21日号,朝日1月19日)

西行全歌集 

西行 著,久保田淳 校注
東京 岩波書店 524p 15cm 1,260(税別)円
内容紹介: 「山家集」「聞書集」「残集」「御裳濯河歌合」など、現在知られている三重県ゆかりの歌人、西行の和歌のすべて約2300首を集成。脚注のほか、詳細な補注・校訂一覧を付す。
(新刊全点案内1月7日号)

じごくごくらく伊勢まいり 落語まんが

桂文我 文,久住卓也 漫画
東京 童心社 125p 22cm 1,200(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。お伊勢さんにおまいりするために旅立った、大阪の喜六と清八。おいしいものを食べたり飲んだり、狐に化かされたり、幽霊にあったり!? 落語をもとにした、愉快な伊勢まいりの旅。【児童書】
(新刊全点案内1月21日号)

天狼俳句の英訳 誓子・敏雄・綾子

山口誓子,三橋敏雄 著
横浜 横浜市立大学学術研究会,春風社(発売) 337p 19cm 3,000(税別)円
内容紹介: 三重県ゆかりの俳人・山口誓子、三橋敏雄、細見綾子の俳句をそれぞれ50句収載するとともに、誓子自身の言葉による自註や、編者の鑑賞文なども掲載。各句における季語も示す。巻末に年譜・参考文献あり。
(新刊全点案内1月14日号)

虎と月 

柳広司 著
東京 文藝春秋 237p 16cm 540(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。父は虎になった。幼いぼくと母を残して。父がどうして虎になったのかを知りたい。それが波瀾万丈にして、不思議な旅の始まりだった…。中島敦「山月記」を、大胆な解釈で生まれ変わらせた新感覚ミステリ。
(新刊全点案内1月14日号,中日1月10日)

八禰宜山の雨 

小山久徳 著
南伊勢町 小山久徳 1,200円
内容紹介: 南伊勢町切原出身で、第二次世界大戦下の中国湖南省で戦死した陸軍大尉、小山平八の幼少時から戦死するまでを描いた物語。
(伊勢1月28日)
問い合わせ先:小山久徳さん(住所:南伊勢町内瀬1249-2)

美秀粹想 アフォリズム集

黒川正 著
東京 文芸社 161p 1,365円
内容紹介: 著者は津市在住の元教員。昭和61年に刊行した警句・金言集『美秀粹想』の改訂版で「真の指導とは、指導ということばを使わずになされることが多い」などの警句や、「創造とは、過去の蓄積の形を変えた新しい表現である」などの金言を新たに加えた。
(伊勢1月18日)

本当はこんなに面白い「おくのほそ道」 おくのほそ道はRPGだった!

東京 実業之日本社 205p 18cm 762(税別)円
内容紹介: 伊賀市出身の俳人・松尾芭蕉の名作「おくのほそ道」は、門人たちが楽しみながら読んでいた、ロールプレイングゲームのようなものだった。コスプレ、ジョブチェンジ…。当時の流行芸能「能」をキーワードに、「おくのほそ道」の面白さを紹介する。
(新刊全点案内1月21日号)

松尾芭蕉の秘密 

中田敬三 著
東京 文藝書房 266p 20cm 1,400(税別)円
内容紹介: 松尾芭蕉は伊賀市出身の俳人。「芭蕉は「更科紀行」をしたか」「碁を打ったか」について、これまで明らかにされた資料により検討し、芭蕉の句や手紙に出てくる食べ物をテーマに、当時の人たちがどんなものを食べていたのかを考察。芭蕉の病気も取り上げる。巻末に芭蕉健康年譜(p247~264)、文献(p265~266)を付す。
(新刊全点案内1月7日号)

みくまの便り 

中田重顕 著
東京 はる書房 1,500(税別)円
内容紹介: 著者は熊野市在住。自らが育った故郷熊野の原風景を主題に、生まれた旧満州への思いを込めた5章からなるエッセイ集。新聞や同人誌などに連載した作品をまとめて収録した。
(中日1月29日,南紀新報1月29日,吉野熊野1月29日)
問い合わせ先:中田重顕さん(電話:090-5037-0336)

レアケース 

大門剛明 著
東京 PHP研究所 283p 15cm 619(税別)円
内容紹介: 著者は三重県生まれ。悪人から金を盗み、貧しい人に配る、現代の「ねずみ小僧」が現れた。そんな中、大津市役所に勤めるケースワーカー・石坂壮馬が担当する被保護者が殺される事件が起き…。同名ドラマの原作。
(新刊全点案内1月14日号)

絵本

桃とトマト 女学生が見た津空襲

山村三重子 著
36p A4判 700円
内容紹介: 津空襲を経験した著者が、すさまじい爆撃の様子や空襲で亡くなった同級生の話を綴った絵本。別の同級生が描いたクレヨン画に文章を付けたもので、津市立小野江小学校の児童も協力した。
(夕刊三重1月10日)
問い合わせ先:山村三重子さん(電話:0598-56-4112)

逐次刊行物

木地師研究 第194・195号 

日本木地師学会 33p 800円
内容紹介: 第194・195号では木地師ゆかりの苗字・小椋、小倉、大蔵特集号と題し、廣瀬元久氏の論考「三重県度会郡、多気郡の小倉、小椋姓の分布 正月にしきびを立てる小倉姓の風習」を掲載する。
(伊勢1月21日)
問い合わせ先:池田勇次さん(電話:0575-79-2334)

熊野誌 第60号 

新宮 熊野地方史研究会 266p B5判 2,000円
内容紹介: 熊野に関する人文、社会、自然に関する論文などを掲載する郷土誌。第60号では「熊野の自然」を特集する。原則年1回発行。
(中日1月10日,吉野熊野1月18日)
問い合わせ先:新宮市立図書館(電話:0735-22-2284)

Simple 2月号 

ZERO 390円
内容紹介: 特集「NEW SHOP & HOT NEWS」では飲食店を中心に1年以内にオープンした97軒を紹介する。
(夕刊三重1月14日)

てらこや新聞 

松阪 寺子屋かめい 16p B5判 
内容紹介: 松阪市の英語塾・寺子屋かめいが発行する月刊のコミュニティー誌。学校では習わない生きた英語の解説、亀井代表や海外で働くテレビ局員のコラムなど掲載するほか、本居宣長記念館館長も松阪の歴史の解説を寄稿している。創刊は2005年4月。毎月15日発行。
(読売1月16日)
問い合わせ先:寺子屋かめい(電話:0598-21-0148ただし火曜日から土曜日の午後2時から10時)

FATAPO 

NPO法人CORORO   
内容紹介: 知的障がいのある人を対象にしたイベントを紹介する情報誌。2013年5月に創刊し、10月に第2号を発行した。平仮名や写真を多く使い読者の理解を助ける工夫をしている。年4回発行予定。
(朝日1月14日)
問い合わせ先:NPO法人CORORO(電話:059-255-5146)

電子資料

木もちe-デッキまがじん 

尾鷲 小川耕太郎∞百合子社 無料
内容紹介: 内装材や木材加工製品など小川耕太郎∞百合子社の製品が使われた飲食店などを写真付きで掲載するほか、製品を購入した顧客のインテリアの工夫や生活感も紹介する。隔月配信予定。スマートフォンやタブレット端末向けの情報誌だが、パソコンでも閲覧可能。
(中日1月17日)
問い合わせ先:小川耕太郎∞百合子社(電話:0597-27-3361)
15:22